住まい選びは慎重に

ライフスタイルと住まい

トップ

ヘルシーな朝食

住宅は家族が暮らす住まいです 

住まいとしての住宅は、ライフスタイルに合わせて造るのが賢明です。子供の居る家庭なら、子供の成長に合わせて変更しやすい間取りが重要です。また、子供は成長すると動き回りますし自分の部屋を欲しがるものですので、危険はないか確認したり部屋数なども考慮すると良いでしょう。高齢者や障害者の居る家庭なら、階段などの要所に手摺りを付けたり玄関などの段差を無くすなど、安全で快適に暮らすためにバリアフリー設計の住まいにすることが重要です。住宅を建てる場合、設計者に丸投げすると設計者の作品になります。自分と家族のライフスタイルに合わせるなら、設計者としっかりと相談して建てることが大切です。また、中古を購入してリフォームする場合でも基本的な考え方は同じです。

どのような住宅を選ぶか 

住宅を新築したり購入する場合には、住まいのどの様な所に注意すべきでしょうか。場合によってはこれから一生生活するかもしれないので、快適でなくてはなりません。高温多湿の日本においては、風通しがよく日当たりの良い夏向きの造りを重視すべきでしょう。最近の住宅は高気密高断熱などで、一年を通じて快適な住まいを提案していますが、原則的に自然の風を通し日当たりの良い事は建物には欠かせないものです。川沿いや道路より下った敷地は湿度が高く自然災害の心配もあり、日当たりの悪い家は建物だけでなく住む人にとっても良いものでは有りません。

新築住宅に関する情報

新着情報